曲技より心技

キース・ジャレットのスイス、ケルンでの演奏を収録したLPレコードです。すべての曲が即興演奏です。驚きです。

upkoln concert

uppart1

 

 

 

 

 

University of Hullのジャズ部門教授、Peter Elsdon氏がケルン・コンサートにおけるキース・ジャレットの様子を観察し、次の様に描写しました:
His eyes are closed, hes head is lowered, and his chin rests on his chest. I immediately recognize the posture of someone in deep prayer. 目は閉じ、頭を下げ、あごを胸まで下ろしている。すぐに分かりました、この姿勢は深い祈りに入っている人の姿勢です。

多くのスタンダード曲をアレンジし、トリオ、ソロで弾いてきたキースにとって、即興演奏はすべての音楽テクニックから解放された、自由な空間だったのでしょう。それは、ほとんど祈りの世界だったのです。

ローザンヌでの夜のソロコンサートを終えてから、翌日の朝、車でケルンへ出発し、6時間かかってケルンに到着、充分調整のされていないピアノをいきなり弾いたそうです。にもかかわらず、歴史に残る名演奏となりました。全部で4曲演奏しましたが、最初の曲(Part1と名付けられています)が特に素晴らしいです。キーンと響く硬質なピアノの音色、まるでヨーロッパの田舎にある家、灰色の壁、石畳み、を連想させます。ケルンで名演奏をしたときのキースは30才。体力、イマジネーションともに最盛期だった、と思われます。

upstonepaved road

基礎技術がなければジャズ・ピアノは弾けませんが、技術に頼った演奏も考えものです。ピアノと言う楽器が非常に優れた楽器で、あの壮大な弦の配列の中に、音の全宇宙が存在している、と言えば大げさでしょうか?

しかし、そこに落とし穴もあります。テクニックに頼る音楽が面白くない、のです。面白い、斬新、感動、を期待していると、テクニックで流されます。例えば、名人と呼ばれるケニー・バロン、オスカー・ピーターソンなどのジャズ・ピアノ。テクニックを駆使していますが、音楽の心をどこかに忘れてきた、ように感じられます。
テクニックジャズのアメリカ版はAmerican-made technical music、
テクニックジャズの日本版は指の曲技を極めているので超華麗指先曲技団
と定義したいと思います。

オスカー・ピーターソンが弾くイパヌマの娘、この演奏を絶妙に表現した人がいます。『なんちゃって、ボサノバ』です。「なんだって弾けるよ、ボサノバもさ、この通り弾けちゃうんだ!」と言う意味です。ここにジャズの行きつく限界が見えています。本当のボサノバはブラジルのsaudade(哀愁)を表現する演奏です。現在のジャズを聞いていると、90%がテクニック、10%がイマジネーション、です。キース・ジャレットは、アメリカのジャズ・ピアニストの中では変わり者、かもしれません。テクニックも優れていますが、音楽に向かい合う姿勢が違うようです。指先の曲芸師ではなく、心技のピアニスト、と言えるでしょう。

キース・ジャレットの言葉:
でも、1つだけわかっていることがある。それは自分がいつも孤独だと感じていることさ。自分自身のままでいたいなら、払わなければならない代償なんだが。

日本のピアニスト、フジ子・ヘミングの言葉:
絶技巧に中身(人間的、愛、頭)がなければ、うつろな響きしか出ません。そんなものは機械でやった方が良いでしょう。演奏家の人格と頭脳は、必ず演奏に表れます。

言葉が尽きる所に

upYoug Bull

絵は言葉が有りません。音楽も言葉の無いアートでしょう。ポップソングは言葉と音楽の融合ですが。ショパン、ドビュッシーの音楽も言葉を必要としていません。
上の絵は、有名なアメリカの画家、ワイエス(Andrew Wyeth)の「若い牛」という絵です。
ワイエスの絵は全部好きですが、この「若い牛」と題した絵は特に好きです。何か伝わってきませんか?
言葉ではっきり表現できませんが、何かを。
牛は牛であり続ける、牛として産まれてしまった、生きている、命がある、何も飾らず、何も言わない、などなど。

フランスの作曲家ドビュッシーは、言葉で表現できなくなった時に音楽が始まる、言ったそうです。絵も同じですね。この田舎の牛を見ると、自分の中に感情が湧き上がります。牛君、君はそのままの君でいい、元気で暮らせよ、と言いたくなります。ワイエスは写実派の画家で、故郷の村を一歩も出ることがなかった、そうです。故郷、自然、そこに暮らす命を愛していたのでしょう。本物の絵ですね。

ヘルマン・ヘッセの言葉:
● 詩は音楽にならなかった言葉であり、音楽は言葉にならなかった詩である。

ジョン・レノンの言葉:
●誰でも非凡な才能を持っているし、すべての人が美しいんだ。自分がいったい何者なのか、誰かに指摘してもらう必要のある人間なんて一人もいない。あなたは、そのままであなたなのだ。You’re all geniuses and you’re all beautiful. You don’t need anybody to tell you who you are or what you are. You are what you are.

感性

NHKのBSで放送している『美の壺』、日本のわび、さびの美を伝える優れた番組です。縁側、も取り上げられました。縁側は庭とペアになって、美しさを発揮します。日本の住宅から縁側が消えて行き、寂しい箱型の住宅になりました。

upengawa2

人生には美しいもの、が必要です。縁側、花瓶、花、坪庭、絵画、音楽、自然、動物、空、などなど。美しいもの、を美しいと感じる心がアートです。この心が無いと人間はケモノ道に入るようです。この世には、ケモノ道を歩いている人が多数おられるようで。ケモノ道に入らないよう注意しなければなりません。それには感性教育、情操教育を子供の頃から与える必要があります。具体的には、家庭に備えるべき備品があります。本棚とステレオセット(CDプレーヤ、DVDプレーヤ、アンプ、ステレオスピーカー2つ)です。子供がいる家庭では特に必要です。いい本、本物の音楽、は子供の感受性の成長に決定的な影響を与えます。

upshelf-horzkaiga

ところで、ケモノ道に入った人間の特徴は何でしょうか?まず口がうまい、しゃべりが上手です。そして、大きなもの(組織など)
に寄り添います。就職するにしてもコネを使います。堂々と自分を前に出して、正面玄関から入り、勝負しようとしません。
こういう人間は例外無くアートを感じ、評価できる感受性がありません。こういう人間は避けた方が良いでしょう。性格が
無味乾燥ですから、付き合っても時間の無駄になります。

近所に材木業で富を築いた爺さんがいます。年令は90才です。2人の女を囲い、本妻は養護施設に入っています。
40年もの間、息子の嫁を女中のようにこき使ってきたそうです。現在は体がヨレヨレになり大便、小便を垂れ流して、それを息子の嫁に掃除させているそうです。なんと言う、ことでしょう!(この苦行に耐えたお嫁さんは、私の家内の友達です。)

近所に弁のたつ60くらいのオジサンがいます。家には音棚もステレオもありません。口を開いて出てくる言葉は
仕事のこと、自分の社会的地位のこと、今度、新しい役職を任されたこと、息子が会社で偉くなった、などの
話題ばかり。やはり情操教育を受けていませんね。人間の価値を目に見える物で測っている、のが明白に分かります。つまり、社会的な地位、財産、家、車、などなど。

物欲に狂い、老人になって大便を漏らさないよう、できるだけ本を読み、音楽を聴き、お漏らしを防止するため尻の穴を締める運動をしましょう。あー、恐ろしや、感受性と尻穴!

ドイツの作家、ヘルマン・ヘッセの言葉:
●世の中に実に美しいものが沢山あることを思うと、自分は死ねなかった。だから君も、死ぬには美しすぎるものが人生には多々ある、ということを発見するようにしなさい。

アイルランドの詩人、ジョージ・ウィリアム・ラッセルの言葉:
●私たちは知識を貯めこむが、物事を感じようとしない。これでは、良い人生を生きることはできない。創造的な感動を感じられる心が、良い人生の源泉である。We know too much and feel too little. At least, we feel too little of those creative emotions from which a good life springs.

年令不詳です!

建築設計で、曖昧な空間の重要性が認識されています。暮らすための空間は、すべて効率で設計すると疲れます。縁側やサンルームなどは内の外、と呼ばれています。室内にありながら、外を感じさせる空間だからです。このような空間は、室内に広がりを持たせ、住む人の気持ちを和ませます。

土間upup

人間も同じで、若ければ若いほど良い、のは分かります。若さは一つの大きな価値ですから。しかし、若さの中に埋没してしまっては、人間の魅力が半減します。自分の中に曖昧な部分を持つ、ことが大切です。建築設計における内の外、です。

若い人と話すのは疲れませんか。人間の傾向が一方向のみに偏っている、ことが相手を疲れさせるのかもしれません。女性でも目の周りに何かを付けている人がいますね。この前、スマホの販売店で応対した若い女性、目の表情が分かりません。不気味でした。アイシャドウって言うんでしょうか。あのキャリー・パミュパミュのように人形だか人間なのか、16才なのか50才なのか分かりません。

ganguroupup

若さの中の老人的なもの、これが結構大事なんです。若くて苦労した人は経験から学び、より広い心の振幅を獲得した、かもしれません。または、生まれながらに老人的なものを持っている若者もいるでしょう。年を取っても老人にならず、若さ、好奇心などを心に残している人、いますね。会ったことあります。若さのなかに老人的なものを持っている青年、老人なのに若さの輝きを持っている人、これらの人々は世の中を柔らかく、明るくする宝物だ、と言いたいですね。

共和政ローマ期の政治家、哲学者、マルクス・トゥッリウス・キケロの言葉:
● 私はその人柄の中に老人的なものを幾らか持っている青年を好ましく思う。同じように青年的なものを幾らか持っている老人を好ましく思う。このような人柄の人間は体が年をとっても心が老いることは決してない。

好きな道

1964年のミュージカル、My Fair Lady, 古いですか?

upmyfairlady

久しぶりにMy Fair Ladyを見て感動しました。リッチマンが貧しい若い女性を援助して、女性が成長して行くストーリーは見事ですが、もっと感心したのは脇役のダンサーの動きです。洗練されていない田舎娘が磨かれて一流の女性に成長していく人間賛歌の物語、これを支える脇役の真摯な態度、見事なダンス技術、一人一人が自分の踊りを見事にこなしているんです。
● 磨いてきた技術が光っている、その職業意識がwonderful!
● 1つのミュージカルを成功させようと自分の最善を尽くしている
● 演奏、歌、踊り、ストーリーの展開、などなど、ミュージカルのパーツ全部に創造作業への情熱ほとばしり!

お見事です!ですが、ここで気が付きました。あのダンサーはダンスが好きなんです。すきな事で飯を食っているんです。

Apple社の設立者スティーブ・ジョブズの言葉:
すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。
The only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it.

My Fair Ladyで主役を演じたオードリー・ヘプバーン Audrey Hepburnの言葉:
●これまでの人生で、テクニックに裏打ちされた自信を持ったことは一度もありません。でも、感性さえ磨いておけば、どんなことでもやってのけられるものです。

心の管理

人生は選択、決断の連続と言われています。確かにその通りです。
色んな人が色んな事を言います。どれを信じていいのか、分かりません。選択で悩むと、心の状態が不安定になります。
ここで私たち日本人が置かれている現実を見てみましょう。
● 選択に関する悩みの内容は、ほとんどが職業、金、異性、家庭に関係している事柄
● 学校教育、家庭教育で、次のテーマに関して掘り下げた教育が行われていない:
◎ 感受性(感性)の成長
◎ 金(どうやって飯を食うか)
◎ どのように生きるか(哲学)
◎ 異性の理解

現実が分かったところで、対策ですが:
1. 上記4つの教育の欠如を自分で補う
◎ 本を読み、絵を鑑賞し、音楽を聴き、感性を成長させる
◎ 金を稼ぐ方法を勉強する
◎ 生きる哲学を勉強する
◎ 異性を理解するノーハウを集めてみる(異性の道に熟達している人から学ぶ)
2. もう一つ、宗教的な側面も知った方が良いです:
◎ 人間の半分は神性である。悩みは自分の心を痛めることで、それは自分の中の神性を痛めることである。
信仰は自由ですので、この部分は自分なりに解釈、または無視して結構です。人間、宇宙、自然は神の創造物と言う考えは主な宗教(キリスト教、神道、などなど)に共通しているようです。
自分の中に神性が宿っている、これは感受性を養っているうちに、分かってきます。自分の内面を大切にするようになり、困難な局面でも、うろたえず、自分の心を管理できるようになるでしょう。
3. インターネットが高度に発達した現在、上記を学べる環境が誰でも手に入る時代です。どんな情報でも手に入る恵まれた時代を大いに利用しましょう。

自分の頭で考え、選択の決断をする、その自由を大いに楽しむべきです。しばらくは世の中に巻き込まれ、サラリーを貰いながら経験を積む、この分野をまず実地で体験、その後はこれをやる、と計画したり、始めから好きな道でドーンとやってみたり、この会社が好きだから、そこで生きる、みな立派な決断です。貴方は自由です。

アルベルト・アインシュタイン:
常識とは十八歳までに身につけた、偏見のコレクションのことをいう。

ボブ・ディラン:
● カネが何だ? 朝起きて、夜眠り、その間好きなことができるなら、すでに成功者だ。
● 僕にはヘンな癖があるけど、捨てなかった。それがぼくの個性だから

眞鍋かをり:
● 二兎追うものは一兎も得ないが、三兎以上追う者は一兎くらい得られる。

最後に、私自身への慰めの言葉を、
吉川英治の言葉:
●いいじゃないか、5年道草をくったら、5年遅く生まれて来たと思うのだ。

ボサノバ  - 青春の輝き?

ブラジルでボサノバが誕生してから半世紀ほど経つんですね。意外ですが、ブラジル国内ではボサノバが聞かれることは少ないらしいです。ブラジルに住んでいる日本人の方が実情を伝えています。「Rioの生活」と言うブログ:http://ameblo.jp/filhadedeus/entry-10391064529.html

ボサノバの誕生に関係した人と言えば、ジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビム、ナラ・レオン、アストラッド・ジルベルト、カルロス・リラ、ホベルト・メネスカル等が挙げられます。実は、これらの人は皆、良い家の生まれらしいです。ジョビムを例に取れば、生家には16代に及ぶ家系図があったそうです。ナラ・レオンはコパカバーナの浜辺にある高級マンションに住んでいたとのこと。 みんな20歳代、30歳を少し超えた若さです。青春です。この若さが新しいリズム、ボサノバを生み出した、のでしょう。

750nakama with names

上流階級のインテリはサンバのリズムに飽き足らず、新しいリズムを作りだそうとし、ボサノバが生まれた。実情はもっと複雑なものでしょうが、ボサノバ誕生の荒筋です。一方、別の世界もありました。激しいサンバのリズムで浮世を忘れたい貧しい人々も、いたのです。この富裕層と中間層・貧困層の軋轢は昔から続いていたようです。現在のブラジルは10%の富裕層が80%以上の国の富を所有している、と言われています。この状態が治安の乱れ、犯罪の増加の原因なんですね。

現在、ブラジルで好まれる音楽は:
● セルタネージャ (ブラジルのカントリーミュージック)
● MPB(ブラジルのポピュラー音楽、Musica Popular Brasileira)
● ロック
● サンバ
などなど。
この数字にボサノバが含まれていない、のを見るとブラジル国内ではボサノバが本当に聞かれていないんですね。MPBはボサノバ誕生以降のポピュラー音楽を意味しているそうで、ボサノバはMPBに入ってしまう、のかもしれません。

ジョビムとナラ・レオンは亡くなっています。他のボサノバ・ミュージシャンも年令は80歳に近いです。青春の輝き、青春のけだるさ、青春の苦しみ、それがボサノバなのかもしれません。

フランスの哲学者、ジャン・ポール・サルトルの言葉:
●青春とは、実に奇妙なものだ。外を見ると、赤く輝いているが、内から見ても、何も感じられない。